先日のアップデート前から、『Ying』の上方修正に対してネットでは「この上方修正はオーバースペックだ!」といった否定的な声が数多く見られていました。実際、新環境のYingはそんな人々の予想通りカンデラの暴力といったような無慈悲な強さを誇っていました。

しかし、今回そんな猛威を奮っていたYingが上方修正早々9日目にしてナーフを受ける結果となりました。また、今回のナーフはPC版のみの適応となっています。PS4/Xbox One版への適応に関しては現在発表されていません。

We’re rolling out updates today for some of the issues addressed in our top issues blog 

✔ Daily level XP cap for PvE
✔ MMR rollback popup bug fix
💡 Ying’s Candelas Reduced from 4 to 3

PC Only
Time: 9:00 EDT/13:00 UTC
Downtime: 20 Minutes pic.twitter.com/CAEQmHgEgK
Rainbow Six Siege (@Rainbow6Game)
Tweet

▼元々の上方修正内容


・『カンデラ』の所持数:3個 → 4個
・クレイモア → スモークグレネードへ変更
・T-95 LSWのダメージ:43 → 46へ増加

今回のナーフ内容


『カンデラ』の所持数:4個 → 3個

このような迅速なナーフ対応からも、UBI側もYingがオーバースペックであることを認識した又はしていたことが伺えます。また、このナーフを受けてネットでは様々な反応がみられました。

ネットの反応


・Yingの時代はもう終わった笑

・UBI様迅速な対応ありがとう!

・そもそも上方修正したこと自体がおかしい

・運営は現在迷走中です