最近『eスポーツ』という言葉を耳にする機会が増えてきていると思いませんか?

巷では「eスポーツ盛り上がってるよねー」「eスポーツすごいらしいじゃん」という話題も出てき始めているのではないでしょうか。でも実際、eスポーツという言葉や存在自体は知っていても意味や定義まで聞かれるとよくわからないといった人って多いと思います。

そこで今回は、eスポーツとは何か、eスポーツってどういった種類のものがあるのかについて説明していきます。

eスポーツのことを知って、eスポーツというビックウェイブに乗り遅れないようにしましょう。そして、観客としてだけではなくプレイヤーとしてもeスポーツを楽しめるようになると最高ですね!

eスポーツの定義

日本国内でのeスポーツの普及及びに管理を行っている一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)では以下のように定義づけられています。

「eスポーツ(esports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。
一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)

eスポーツはスポーツじゃない?

日本国内には「eスポーツのどこがスポーツなんだ!」「ただゲームをして遊んでいるだけじゃないか!」「そもそもスポーツは運動のことを指すんだ!」といった意見を持った人たちもいるそうです。

しかし、みなさんそもそも「スポーツ」の正しい意味合いを知っていますか?
スポーツという単語には身体運動といったみなさんが知っている意味の他に、競技や娯楽といった意味合いも含まれています。つまり、スポーツだからといって絶対に身体を動かさなくてはいけないわけではないのです。

実際、ボードゲームやカードゲームといった頭脳で行う競技を「マインドスポーツ」、自動車などの原動機を使用して稼働する乗り物で行う競技を「モータースポーツ」と呼んでおり一般的にも認められています。

このことからも、電子機器を用いて行う競技であると定義づけられているeスポーツはスポーツの一種として捉えることは間違いではなく、立派なスポーツと言えるでしょう。